福岡大大濠・4番星子3戦連発も…乱戦で散る/春季九州高校野球

西日本スポーツ

福岡大大濠-大分の試合結果 拡大

福岡大大濠-大分の試合結果

 ◆春季九州高校野球準々決勝:福岡大大濠10-11大分(22日・鹿児島市鴨池公園野球場)

 福岡大大濠は4番星子の3試合連続本塁打も実らず、準々決勝で姿を消した。星子は初回2死三塁、左翼へ高校通算42号の先制2ラン。だが敗戦に「大舞台で3本打てたことは自分にとって大きいけど、勝ちにつながらなくて残念だった」と表情を曇らせた。両チーム合わせて29安打、5本塁打が飛び交う打撃戦、2年生の投手もリードした星子は「もう少し自分がしっかりリードできればよかった」と反省を口にした。

=2019/04/23付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ