守田ぶっちぎりの主役 福岡・西スポ杯

西日本スポーツ

 福岡ボートの西日本スポーツ杯が24日、開幕する。注目のドリーム組は、1号艇シードの守田俊介がS特訓後に即格納。「いつものこと」というが、もちろん手にした73号機に手応えは十分。今節ぶっちぎりの“主役”が、まずは第1段階をクリアした。DR組は塩田北斗、渡辺和将も感触は良好で、小坂尚哉や丸野一樹もまずまずの足色。唯一イマイチだったのは江崎一雄だが、早くも本体整備を示唆しており、変わり身に期待したい。予選組では前検一番時計の中島真二に、竹上真司、三川昂暁、岡村将也と、低調機シリーズの中、数少ない好素性機を手にした面々が額面通りの動きを見せている。

=2019/04/24付 西日本スポーツ=