上林が死球影響でオリ戦出場回避へ 故障者続出のSB外野陣、開幕スタメン消える

西日本スポーツ

17日のロッテ戦の2回無死、右手に死球を受ける上林 拡大

17日のロッテ戦の2回無死、右手に死球を受ける上林

 ◆ソフトバンク-オリックス(24日・ヤフオクドーム)

 今季ここまで全試合に出場していたソフトバンクの上林誠知外野手(23)が、死球を受けていた右手甲の影響でスタメンを外れることが決まった。

 上林は17日のロッテ戦(ZOZOマリン)で死球を受けて途中交代したが、翌日18日の同カードに強行出場。その後も、フル出場を続けていた。

 工藤監督は「(患部が)良くなったり悪くなったり。きょうは外します。痛みがある中で、自分の形を崩してもいけない」と理由を説明した。

 外野陣は故障者が続出中。現在は柳田とグラシアルが離脱しており、開幕のスタメンを飾った3人が先発からいなくなる非常事態となった。

=2019/04/24 西日本スポーツ=