西短付の無失点右腕「次も与えない」 九州大会準決勝は雨天順延

西日本スポーツ

 高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)は24日、雨のため準決勝の2試合が順延となった。6季ぶりの決勝進出を目指す西日本短大付(福岡)は鹿児島市の平和リース球場に隣接する雨天練習場などで軽い調整を行った。25日午前10時から同球場で熊本西と対戦する。

 西日本短大付の江崎はストレッチをして準決勝に備えた。福岡大会準々決勝の九州国際大付戦の1失点以降は32イニング連続無失点が続くが「意識していない。次も点を与えない投球をしたい」と話した。

 九州大会では日章学園(宮崎)、明豊(大分)と選抜大会出場校を抑え、準決勝も21世紀枠で出場した熊本西との対戦。「甲子園に出たチームには負けたくない」と意気込んだ。

=2019/04/24 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ