センバツ21世紀枠の熊本西に大きな武器 九州大会準決勝は雨天順延

西日本スポーツ

 高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)は24日、雨のため準決勝2試合が順延となった。初の決勝進出を目指す熊本西は25日午前10時から鹿児島市の平和リース球場で6季ぶりの決勝進出を目指す西日本短大付(福岡)と対戦する。

 今春の選抜大会に21世紀枠で出場した熊本西は同市の鴨池公園屋内練習場などで調整した。「夏の大会を考えれば疲れた状態で試合をしたかったけど、恵みの雨と受けとめるしかない」と横手監督。九州大会では2試合連続の無失策で「バッテリーを中心に守りからリズムをつくりたい」と堅守を武器に初の決勝進出を見据えた。

 主将の霜上は「先を見過ぎずに、明日の一戦に全てを懸けたい」と気合十分だった。

=2019/04/24 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ