今季初欠場のソフトバンク上林「箸を握るのも痛い」

西日本スポーツ

試合前、ウオーミングアップする上林 拡大

試合前、ウオーミングアップする上林

 ◆ソフトバンク2-3オリックス(24日・ヤフオクドーム)

 右手を痛め今季初めて欠場したソフトバンクの上林誠知外野手(23)が、25日の同カード出場について明言を避けた。

 17日のロッテ戦で右手甲に死球を受け途中交代。その後も欠場することなく18日から22日まで5試合連続フル出場していたが、計18打数1安打と苦しんでいた。

 24日の試合前に病院で再検査を受け、打撲と診断された。「運転している時も箸を握る時も痛い」と現状を説明した上で「明日(25日)の朝の状態を見て決めます」と語り、球場を後にした。

=2019/04/25 西日本スポーツ=