ソフトバンク守護神・森まさかの初失点&初黒星「この借りは絶対に返す」

西日本スポーツ

9回1死三塁、オリックス・伏見(右)に右前適時打を許した森 拡大

9回1死三塁、オリックス・伏見(右)に右前適時打を許した森

 ◆ソフトバンク2-3オリックス(24日・ヤフオクドーム)

 守護神の森がまさかの2失点で黒星を喫した。1点リードの9回に登板。先頭の宮崎を死球、代走の佐野には二盗を許すなどして迎えた1死三塁だ。ルーキーの中川に粘られての10球目、外角へのカットボールを捉えられて、右翼線に落ちる三塁打とされ同点に追いつかれた。なお1死三塁で、伏見に一、二塁間を破られる勝ち越し打を献上。「先頭の死球がもったいなかった…」と悔しがった。

 失点は今季12試合目の登板で初めて。黒星は昨年8月11日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)、セーブ失敗は同年6月27日の同戦(沖縄)以来だった。「打たれることもある。しっかり切り替えて。調子は悪くない。この借りは絶対に返す」とリベンジを誓った。

=2019/04/25付 西日本スポーツ=