ソフトバンク甲斐野、デビュー連続試合記録「続けたい」 ハマ上茶谷から祝福も

西日本スポーツ

北海道遠征に向かう甲斐野。右は泉 拡大

北海道遠征に向かう甲斐野。右は泉

24日のオリックス戦で1回を無失点に抑える甲斐野

 ドラフト1位の甲斐野央投手(22)が26日、デビューからの連続試合無失点記録の長期更新を誓った。25日のオリックス戦で11試合としてプロ野球記録を樹立した右腕。「チームの勝利に貢献できるように、できる限りゼロを続けていきたい」と意欲を新たにした。

 1966年のドラフト制導入後の新人として、かつて5人が挑み越えられなかった「11試合」の壁を突き破った。東洋大の同期でもあるDeNAのドラ1右腕の上茶谷らからもお祝いメッセージをもらい「記録は自分にとっても、プラスになる」と笑顔を見せた。

 ただシーズンは始まったばかり。「うれしいことだけど、もう切り替えている」とすっかり勝ちパターンに定着したルーキーは頼もしい。チームの開幕からの連続試合無失点記録は、リーグ記録でもある2012年岡島がマークした26試合。「平成」で歴史を塗り替え、「令和」にかけてまた新たな歴史に挑む。

=2019/04/27付 西日本スポーツ=