ソフトバンク今宮欠場 今季3度目零敗 工藤監督「私の責任」

西日本スポーツ

9回2死一塁、松田宣の二ゴロの判定は、リプレー検証の結果、覆らずアウトとなりゲームセット 拡大

9回2死一塁、松田宣の二ゴロの判定は、リプレー検証の結果、覆らずアウトとなりゲームセット

9回2死一塁、審判団にリクエストを要求する工藤監督 ベンチから試合を見つめる今宮 7回無死二塁、松田宣の二直で飛び出し帰塁できずアウトになった三森 7回1死満塁、日本ハム・中田の打球を二塁へ悪送球する高田 8回1死一、二塁、遊ゴロ併殺打に倒れ顔をしかめる甲斐

 ◆日本ハム4-0ソフトバンク(28日・札幌ドーム)

 北の大地でお寒い今季3度目の零封負けだ。指揮官の苦渋の決断で、打撃好調の今宮健太内野手(27)が今季初の欠場。昨シーズン終盤に痛めた左太もも裏の疲労を考慮し、大事を取った形だが、クリーンアップまで任されていた打線の軸を欠き、日本ハムの先発有原を7回2安打と打ちあぐねた。3連勝は逃したものの、2位楽天もロッテに敗れたため、首位はキープした。29日のカード最終戦は平成最後のゲーム。歴史的節目の白星は譲れない。

■わずか3安打

 最後まで勝利への執念は見せた。4点を追う最終回。2死一塁から松田宣の打球は二ゴロとなり、試合終了と思われたが、工藤監督はベンチを出てアウト判定をした審判団にリクエストを要求した。白星に歓喜し、相手ファンはすでにジェット風船も飛ばしていた中でのリプレー検証。数分後、判定通りのアウトがコールされると、指揮官は唇をかんだ。今季3度目の零封負けだ。

 試合後、工藤監督は「負けたのは私の責任。点を取れなかったのも」と、完敗を認めた。打線は相手先発の有原に7回2安打に抑え込まれた。「かわすところはかわされて、うまく押すところは押された。調子がいいということは、そういうところもうまくできているんだろうと思う」。今季の有原は既に4勝、防御率0・51と抜群の安定感。指揮官はお手上げといった言葉を口にしたが、今宮の今季初の欠場が響いたことも確かだ。

 3連勝を狙った試合前、工藤監督は今宮を今季初めてスタメンから外すことを決断した。昨シーズンの終盤に痛めた左太もも裏に疲労がたまったため、大事を取った形だ。打率3割4厘、6本塁打はともにチームトップ。19日からは3番を任せていた。それだけに、攻撃力の低下はいやでも理解しているが「彼がいなくなっては本当に困る」と、ただでさえ故障離脱者を多く抱える中、長いシーズンを見据えて我慢した。

 試合状況によっては代打出場の可能性はあった。ベンチで敗戦を見届けた今宮も「チームが苦しい状況でこうしたくはなかったけど、1年間戦わなきゃいけないので」と、指揮官の思いを理解した。ただ影響は攻撃面だけではなかった。7回は遊撃の高田が適時失策を記録。有原の結果次第では、現在4戦4勝で防御率1・44の高橋礼に初の月間MVP獲得のチャンスもあったが、ほぼその可能性も消えた。

 「何とかあいつ(高橋礼)に取らせてやりたい気持ちがあっただけにね…」と、工藤監督は申し訳なさそうな表情を浮かべた。29日の今宮の出場は当日の状態次第で判断するが、牧原も腰の違和感で途中交代するなど今後も苦しいやりくりは続く。「明日はしっかり点を取れるように、みんなで相談してオーダーを決めたい」。逆境であっても、平成最後のゲームを落とすわけにはいかない。 (倉成孝史)

=2019/04/29付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ