ソフトバンク内川158度目猛打賞 歴代15位タイに浮上

西日本スポーツ

5回2死一塁、左前打を放つ内川 拡大

5回2死一塁、左前打を放つ内川

 ◆日本ハム6-9ソフトバンク(29日・札幌ドーム)

 内川が今季初の猛打賞をマークした。4回1死一塁で右前打。好機を広げこの回の2得点につなげると、1点差の5回2死一塁でも上沢から左前打を放ち、甲斐の一時逆転となる2点打を呼び込んだ。開幕以降に「2本は出るけど3本目が出ない」と悩める心境を明かしていたが、最終回にも左翼線への二塁打をマーク。現役最多の猛打賞(1試合3安打以上)回数を通算158度として、山本浩二(広島)と並ぶ歴代15位タイに浮上した。

=2019/04/30付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ