青山強Sから快走 浜松SG優勝戦

西日本スポーツ

 浜松オートのSG第38回オールスターは30日、準決4個レースを行った。9Rは高橋貢が、トップSから逃げる内山高秀を序盤でまくって圧勝。2着は内山がそのまま粘り切った。10Rは荒尾聡が得意な不安定走路で躍動。2着は吉原恭佑が最終3角で西原智昭をかわしてSG初優出を決めた。11Rは1枠の青山周平がSでやや後手に回ったものの、素早く車を内に向けて先頭に立ち、そのまま後続との差を広げた。2着は前田淳が、ゴール直前で佐藤貴也を抜いた。12Rは33期生の新鋭、黒川京介が逃げ切ってSG2度目の挑戦で初優出。2着は追い上げた丹村飛竜が入った。

=2019/05/01付 西日本スポーツ=