ソフトバンク零封負け 得意の辛島からあと一本奪えず

西日本スポーツ

3回2死二塁、左飛に倒れた今宮 拡大

3回2死二塁、左飛に倒れた今宮

2回2死、中前打を放つ内川 昨季のソフトバンク対辛島の対戦成績

 ◆ソフトバンク0-9楽天(1日・ヤフオクドーム)

 投手陣が今季ワーストの9失点を喫した中、打線も令和初戦でお寒い攻撃を演じた。無得点のまま迎えた最終回。2本の安打で何とか2死一、二塁の状況をつくったが、最後は周東があっけなく3球三振に倒れた。前カードの日本ハム戦に続く今季4度目の零封負け。新元号のスタート日に、スコアボートには9個の「0」が並んだ。

 打線は故障離脱者も多くフルメンバーではないだけに、得意としていた左腕を打ちあぐねた。相手先発の辛島は昨季ホークスとは4度の対戦で3敗を喫し、防御率8・00。試合前、立花打撃コーチは「緩いボールを根気よく投げてくるピッチャー。低い球に手を出さないよう注意したい」と攻略ポイントを示していたが、手玉に取られた。

 2回に2死から内川、上林の連打で好機をつくったが、甲斐は追い込まれてから直球を続けられ遊ゴロに倒れた。4回には安打と四球で1死一、二塁としたが、上林が外角スライダーで空振り三振。続く甲斐は、今度はチェンジアップを4球続けられ空振り三振に仕留められた。直球、変化球ともにキレ味よく低めにちりばめられ、打線は辛島の前に6回5安打。昨季あれほど得意とした左腕を打ち崩せない打線の元気のなさは心配だが、試合中盤には今後にさらなる不安を残しかねない事態が起こった。

 2回にも中前打を放ち、11試合連続安打をマークした内川が、4回限りでベンチへ退いた。試合後、本人は「できるだろうと思ったけど(首脳陣に)相談したらこういう形になった」と説明。2回の走塁時に左太もも裏に違和感を感じたといい、工藤監督は「本人も感じて、おかしくなる前に、というところ」と大事を取っての措置ということを強調した。

 チームは柳田、グラシアル、中村晃ら主力を含む野手に故障者が続出し、柳田は現状で交流戦中の復帰も難しい状況だ。工藤監督は内川の2日の出場について「今のところ問題ないとは聞いてます」と説明。まだ首位に立っているとはいえ、これ以上の主力野手の故障離脱は是が非でも避けたいところだ。「今日の試合は終わったので、明日。常に前を向いて、明日です」。少なからずの不安を抱えたまま、令和初勝利を目指す。 (倉成孝史)

=2019/05/02付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ