ソフトバンク内川がスタメン外れる 主軸も並べ替え

西日本スポーツ

ソフトバンク・内川(右) 拡大

ソフトバンク・内川(右)

 ◆ソフトバンク-楽天(2日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク内川がスタメンを外れた。

 「6番・一塁」でスタメン出場した1日楽天戦で11試合連続安打も、左太もも裏の違和感で途中交代していた。代わって一塁には三森、6番には明石が入った。

 三森の打順は1番。2番は周東で、牧原が今季初めて9番に入った。主軸も4、5番の打順を入れ替え、3番今宮、4番デスパイネ、5番松田宣の並びとした。

 先発投手はソフトバンクが大竹。今季4試合に登板し1日までパ・リーグ2位の防御率0・89ながら、0勝1敗。楽天は古川で今季まだ勝敗はなく、これが2試合目の登板となる。

=2019/05/02 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ