ソフトバンク、壮絶打ち合い制しサヨナラ 両軍計29安打23点

西日本スポーツ

延長12回1死満塁、サヨナラ打を放ったデスパイネ(中央)と駆け寄るソフトバンクナイン 拡大

延長12回1死満塁、サヨナラ打を放ったデスパイネ(中央)と駆け寄るソフトバンクナイン

 ◆ソフトバンク12x-11楽天(3日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが楽天との壮絶な打ち合いの末に競り勝った。

 初回に松田宣が通算250号となる先制3ラン。だが危険球退場から中1日で先発した武田が3回、失策絡みでピンチを広げて一挙6失点。4回にも浅村に2ランを浴び、この回途中で8失点降板となった。

 それでも4回に反撃を開始し、デスパイネ、松田宣の2者連続アーチで1点差に詰め寄って釜田をKO。6回には戦列復帰したグラシアルが逆転3ランを放ち、試合をひっくり返した。

 ところが2点リードの8回に登板した甲斐野が、代打山下にソロ被弾。ドラフト制後の新人記録を更新中だった初登板からの連続無失点が13試合で止まると、茂木にもソロを許し同点とされた。

 9回を終え10-10で決着がつかず、試合は延長戦へ。10回に登板した嘉弥真が山下に2打席連発となるソロを浴び勝ち越されたが、直後に1死三塁から代打内川の右前打で追いついた。

 ソフトバンクは12回に楽天8番手・高梨を攻め、高田と代打川島の連打を足掛かりに1死満塁。ここでデスパイネが中前へサヨナラ打を放った。

 両軍計29安打が乱れ飛び、4本塁打ずつ打ち合った大乱戦。試合時間は4時間55分。ソフトバンクは4カード連続の勝ち越しで、楽天とのゲーム差を2・5とした。

=2019/05/03 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ