福岡ルーキー三国が悔しい「令和初」 警告2枚で退場

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第12節 金沢1‐1福岡(3日・石川県西部緑地公園陸上競技場)

 初めて左サイドバックで先発したルーキーDFの三国が悔しい「令和初」を記録した。

 後半6、8分と立て続けに警告を受け、退場。左サイドバックは「経験がない」という慣れないポジションだった。攻め上がって左足でクロスを上げる場面も見られたが、持ち味の守備で見せ場がなかった。「体力、ポジショニングなど、すべてきつかった。負けていたら自分のせいなので、チームに感謝したい」と後半40分にミコルタの来日初ゴールでドローに持ち込んだ展開に頭を下げた。

 5月下旬から6月にかけてポーランドで開催されるU-20W杯に出場する日本代表は今月7日に発表される。三国はメンバー入りする可能性があり、その場合はチームを離れることになる。「(福岡は)少人数で戦っているので、チームはきつくなるかもしれないが、もし代表に入れば、責任を持ってプレーして、結果を残したい」と前向きに切り替えた。

 Jリーグはこの日が令和となって初のゲーム。J1は4試合、J2は1試合が行われ、福岡の三国が唯一の退場を記録した。

=2019/05/03 西日本スポーツ=

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング