西武中村、激走おかわり 楽天リクエストできず敗戦

西日本スポーツ

 ◆西武7×-6楽天(4日・メットライフドーム)

 西武の中村剛也内野手(35)の足がチームを今季2度目のサヨナラ勝ちに導いた。延長11回に先頭で三塁への当たりを放つと、今江が一度はファンブルし、一塁は微妙なタイミングでセーフの判定(記録は失策)となった。これに楽天・平石監督がリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。

 その後、2死二塁となって金子侑の中前打で一気に生還。中堅からの好返球で本塁はクロスプレーとなり、再び微妙なタイミングで球審はセーフの判定を下した。延長戦でのリクエストは1回(判定が覆った場合、回数は減らない)の規定により、楽天ベンチは敗戦を見届けるしかなかった。

 中村に代走を送らなかった辻監督は「脚(力)もあるし打球の判断力にたけている。間一髪というところでアウトと言われても仕方ない。(リクエストを)延長で1回しか使えないのも良かった」と笑みを浮かべた。中村は「(金子侑は)2ストライクだったのでバットを振ったらゴーという感じだった。とにかく全力で走りました」と汗をぬぐった。

=2019/05/04 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング