ソフトB「積極走塁」を引っ張る周東/秋山幸二氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の秋山幸二氏 拡大

西日本スポーツ評論家の秋山幸二氏

 ◆ソフトバンク4-0オリックス(4日・ヤフオクドーム)

 周東が決めた初回の二盗が大きかった。ファウルで何度もスタートを切る形にはなったが、積極性を失わず最終的に成功し、松田宣の先制打の流れを呼び込んだ。昨日(3日)の楽天戦も同じように初回に盗塁を決めてチャンスを広げ、その後に松田宣の先制3ランが出た。

 今のところ、チームが目指している積極走塁を引っ張っているのが周東だろう。チームで誰か一人、走塁面で引っ張る存在がいると、つられるように他の選手もどんどん走っていくようになる。少し前でいえば福田が代走で出てよく盗塁を決めていた。同じように周東も成功しているのがいい。初回にアウトになるとやっぱり他の選手もいきにくく、どこか心にブレーキがかかる。走塁という彼のアピールポイントをしっかりと見せている。

 相手バッテリーがいいと、盗塁だけでは難しいが、今の打線はうまくヒットエンドランやランエンドヒットの形で得点チャンスを広げている。そうした積極的な走塁がうまく機能しているのは、グラシアルが戻ってきたことも大きいのではないか。広角に打てて単打も一発もあり、三振が少ない。打線全体の雰囲気が明らかに変わり、攻撃のつながりも良くなっている。

 周東だけでなく、三森もどんどん走ろうとしている。柳田や中村晃が不在ということもあり、若手の走れる選手が多く出ている。現状のメンバーで戦っていくことを考えると、今はこうした野球が大事になってくる。 (西日本スポーツ評論家)

=2019/05/05付 西日本スポーツ=