西武今季5戦目サヨナラ勝ち 楽天初撃破

西日本スポーツ

延長11回2死二塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズする西武・金子侑(中央) 拡大

延長11回2死二塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズする西武・金子侑(中央)

延長11回にサヨナラ打を放つ金子侑 9回1死一塁、同点2ランを放つ代打メヒア

 ◆西武7-6楽天(4日・メットライフドーム)

 自慢のサラサラヘアがびしょぬれになった。試合を決めた金子侑が遊撃付近で仲間の手荒い祝福を受けた。自身2年ぶり3度目のサヨナラ打。4時間25分、延長11回の死闘に決着をつけた。「気持ち良かったです。サヨナラはいいなと思った」と声を弾ませた。

 11回2死二塁。追い込まれながら宋家豪の真っすぐを中前に落とした。「食らいついて本当に何とかしたいと思っていた。中村さんが本塁までかえってくれて良かった」。二走中村が間一髪のタイミングで本塁に滑り込むと歓喜の輪ができた。

 「9回にメヒアがあんな格好いい本塁打を打ってくれて、勝てて良かった」。サヨナラのヒーローはお立ち台で並んだメヒアに賛辞を贈った。2点を追う9回1死一塁。代打メヒアが楽天の守護神松井から起死回生の3号同点2ランを右翼席に運んだ。今季の3安打はいずれも本塁打。メヒアは「一人一人が勝利に向けて貪欲に戦った。いいコンタクトを心掛けて、ホームランを打てて良かった」と笑った。

 敗色濃厚から盛り返し、最後は勝ちきった。再び5割に戻し、日本ハム、楽天と並ぶ2位。楽天には今季5戦目でようやく白星を挙げた。辻監督は「今日のヒーローはメヒア。あれで今日の勝ちがある」と助っ人をたたえた。今季2度目のサヨナラ勝ち。大入りの本拠地が沸いた。 (小畑大悟)

   ◇    ◇

増田2勝目 2回無失点

 もつれた展開で2イニングを無失点に抑えた増田が2勝目を挙げた。延長10回に登板。先頭辰己の二塁打から2死満塁のピンチを招いたが、ウィーラーを右飛に仕留めた。続投の11回は三者凡退でサヨナラ勝ちを呼んだ。「自分の球と(森)友哉のリードを信じて投げた。ゼロに抑えて攻撃に流れを持っていければいいと思った」と充実した表情を浮かべた。

 西武・多和田(6回途中4失点)「先制点を取ってもらったり、勝ち越し点を取ってもらったり援護をしていただいたけど、粘り強く投げることができなかった」

=2019/05/05付 西日本スポーツ=