J1鳥栖2年連続途中交代 カレーラス監督退任発表 金明輝コーチ再び監督

西日本スポーツ

7日付で監督に就任する鳥栖の金明輝コーチ 拡大

7日付で監督に就任する鳥栖の金明輝コーチ

鳥栖の監督を退任したカレーラス氏 カレーラス監督退任について説明する竹原社長 J1鳥栖の歴代監督と成績 鳥栖の今季成績

 J1最下位に低迷するサガン鳥栖が5日、同日付でルイス・カレーラス監督(46)の退任を発表した。金明輝コーチ(37)が7日付で監督に就任する。カレーラス監督は、4日に行われた九州ダービーの大分戦から既にチームから離れ、金コーチが指揮を執っていた。鳥栖がシーズン中に監督を交代するのは2年連続で、金新監督の下、J1残留と上位浮上に加え、中長期的なチーム強化に挑むことになる。

■竹原社長「任命責任感じる」

 最下位を抜け出せないサガン鳥栖が起死回生の一手を打った。カレーラス監督を5日付で事実上解任。大分戦で代理として指揮を執った金コーチが、ゴールデンウイーク明けの7日、正式に新監督へ就任する。

 鳥栖は大分に0-2で敗れ、10節を終えて1勝1分け8敗の勝ち点4。6試合連続無得点で5連敗を喫し、10試合で1得点と残留に向けて厳しい状況に陥っている。

 竹原稔社長は5日の練習後報道陣の取材に応じ、退任の理由を成績不振と説明。「(昨季残留のボーダーラインとなった)勝ち点40で考えると、早い方がいい」と0-2で敗れた4月28日のホーム湘南戦後に新体制への移行を決断したという。監督がシーズン中に代わるのは2年連続。「クラブの代表として任命責任は感じている」と話した。

 練習休養日だった同30日に金コーチに監督就任を打診。「彼(金コーチ)も組織の中にいて迷った中で、課題がどこか話し合った。この時期にバトンを渡す難しさも確認し合った」。鳥栖で選手のキャリアを終え、鳥栖の下部組織U-15、18の監督も務めた金コーチ。竹原社長は「選手からユースコーチをして監督に上がるのは理想の形」とユースの育成を含め、長期的な登用であることを明かした。

 選手には令和初日の5月1日に監督の交代を伝え、金コーチの新体制がスタートした。金コーチが監督を務めるのは昨季終盤に続いて今回が2度目。昨季途中で解任となったマッシモ・フィッカデンティ監督の後、残り5試合を3勝2分けで乗り切ってJ1残留を決めただけにその手腕に期待がかかる。金コーチは「守備からの攻撃がチームの信条でもある。ベースを持ちながら、少しずついい方向に進めていきたい」と決意を明かした。

 クラブは7日に監督就任会見を開く予定で、今季5人が主将に就いた「複数キャプテン制」を解消し、新キャプテンの発表も予定している。 (広田亜貴子)

 ◆金明輝(キン・ミョンヒ)1981年5月8日生まれ。兵庫県出身。和歌山・初芝橋本高から2000年に当時J1の市原(現千葉)に入団。甲府、富山やKリーグ、JFL、関西リーグでもプレーし、11年に当時J2の鳥栖に移籍して同年限りで引退。現役時はDF。J1リーグ戦出場はなく、J2リーグ戦で通算37試合、1得点。引退後は鳥栖の下部組織を指導し、U-15監督、U-18監督を歴任。

   ◇    ◇

 カレーラス監督(クラブを通じてのコメント)「就任当初から最後まで支えていただいた全ての方々に感謝申し上げます。特に愛情あふれるファンの皆さまには限りない感謝の気持ちでいっぱいです。サガン鳥栖への愛情は永遠です。ありがとうございました」

 スタッフ3人も退任 サガン鳥栖は5日付で、コーチのマルク・ボレイ氏(38)とフィジカルコーチのマリオ・マンセボ氏(34)のスペイン出身スタッフ2人と、カレーラス監督の通訳をしていた藤田健氏(38)の3人の退任も発表した。

=2019/05/06付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ