ソフトバンク周東、初失敗寸前から急転ノーミス9盗塁

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク2年目の育成出身・周東は、プロ初の盗塁失敗寸前だった。

 「2番・右翼」で7試合連続スタメン出場。初回無死二塁、セーフティーバントの投手内野安打で出塁した。デビューからノーミス8盗塁。続く今宮の打席でチャンスをうかがった。

 だが、けん制に誘い出される形で、一、二塁間で挟まれた。これを見た三塁走者の川島がスタート。周東を追っていた一塁手T-岡田が慌てて本塁返球したが、川島が回り込んでのヘッドスライディングでタッチをかいくぐり、先制ホームインした。

 この間に周東は二塁を陥れ、記録としてダブルスチールが成立。結果、周東は9連続の盗塁成功となった。オリックス先発のアルバースは動揺したか、デスパイネに中越え3ランを浴びるなど、6番グラシアルまで6連打を浴びる大炎上。ソフトバンクはこの回打者一巡の猛攻で6点を奪った。

=2019/05/06 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ