カレーどうする J1鳥栖の監督交代ピッチ外にも波及

西日本スポーツ

 J1最下位の鳥栖は7日、「【サガン鳥栖×カレーハウスCoCo壱番屋】オリジナルレシピ企画中止のお知らせ」と題したプレスリリースを発表した。

 今季就任したばかりのルイス・カレーラス監督(46)の退任を5日に発表。開幕から1勝1分け8敗、10試合でわずか1ゴールと得点力不足が深刻だった。

 鳥栖は「多数のご応募をいただきありがとうございました。カレーラス監督退任に伴い企画目的が達成できないため、コラボカレーの商品化を中止させていただくこととなりました。ご応募いただいた皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします」などとしている。

 前監督の就任が決まった昨年末、「カレーラス」が「カレーライス」に似ていると話題になり、「カレーハウスCoCo壱番屋」などを国内外で展開する壱番屋(愛知県一宮市)とのコラボが決定。企画で今年3~4月に、オリジナルカレーメニューのレシピをSNS上で募集していた。

 採用者1人にはカレーラス前監督と選手サイン入りカレー皿が贈られ、レシピは佐賀県内の一部店舗で商品化される予定だった。

 鳥栖は代替措置として、レシピ応募者全員に主催試合で利用できる2000円分の飲食券を進呈する。6~11月に利用可能。連絡はSNSのダイレクトメッセージで行っており、応募したのに5月10日までに連絡がなければ、メールでクラブ(info@sagandreams.co.jp)に問い合わせるよう呼び掛けている。

 なお、応募数については公表していない。

=2019/05/07 西日本スポーツ=

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング