西武ドラ1松本航19日オリックス戦デビューか

西日本スポーツ

肺炎からの復帰登板で1回無失点だった西武の松本航=4月17日 拡大

肺炎からの復帰登板で1回無失点だった西武の松本航=4月17日

■11日2軍巨人戦 投球内容次第で

 西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が、19日のオリックス戦(京セラドーム)でプロ初登板初先発する可能性が出てきた。肺炎のために出遅れていた新人右腕が、令和を迎えて1軍マウンドに立つチャンスが出てきた。

 松本航は4月17日のイースタン・ヤクルト戦で実戦復帰して1回無失点。4日の同DeNA戦では先発で7回無失点、7奪三振と好投した。今後は11日の同巨人戦の登板を予定しており、投球内容や1軍のチーム状況などから次回登板が検討される見通しだ。

 今季もチーム防御率がリーグワーストの4・64と投手陣は課題を抱える。6日の楽天戦で中継ぎ登板して5失点した十亀を12日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発として起用する方針で、苦しい台所事情が続く。

 一方で、4勝の今井やプロ初勝利を含む2勝の本田が成長。左肩の張りで戦列を離れていた榎田も、復帰登板となった2日の日本ハム戦を白星で飾った。遅れていた期待のルーキーのデビューを追い風として、首位ソフトバンクを追いかける態勢を整える。

=2019/05/08付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ