ソフトバンク初回5点も主力交代裏目 工藤監督「私の責任」

西日本スポーツ

1回2死二、三塁、左越えに3ランを放つ内川。投手・辛島 拡大

1回2死二、三塁、左越えに3ランを放つ内川。投手・辛島

初回の攻撃

 ◆楽天8-7ソフトバンク(8日・楽天生命パーク宮城)

 初回で試合を決めた、と思わせる猛攻だった。2点を先制してなおも2死二、三塁。内川がフルカウントから投じた辛島のカーブを巧みにすくい上げると、打球は風にも乗って左翼フェンスをオーバーした。「風のおかげですよ」と謙遜したが4月22日のオリックス戦以来、自身出場10試合ぶりの3号3ラン。スコアボードに「5」を貼り付けるビッグイニングを完成させた。

 初回にいきなり6点を奪った6日のオリックス戦(ヤフオクドーム)に続く序盤の猛攻。舞台を福岡から仙台に移しても勢いは止まらなかった。6日の初回は空振り三振に倒れていた内川だけに、「(打線の)いい流れを止めたくなかった」と納得顔でうなずいた。 初回に先制打の今宮が2回、4回にも適時打を放ち追加点。1日の前回対戦では辛島に6回を無失点に抑え込まれていた。その左腕から計7点を奪い、4回でKO。お返しをきっちりした形で、流れは完全にホークスのものだった。

 だが5回以降は無安打。2番手以降を攻略できなかったのが誤算だった。4点リードの8回守備からコンディション面の考慮や守備固めの意味もあり、今宮、グラシアル、内川を交代させて逃げ切りを図った判断も裏目に出た。工藤監督は「早め早めに代えてしまったところで、最終的には追加点を取れなかった。そこは私の責任」と采配のミスを認めた。

 連勝は5で止まった。それでも依然として2位に3・5差の首位は変わりはない。内川も「こんなこと言っていいか分からないけどこんな試合もある。今この位置(首位)にいられるのはバッテリーのおかげだから」と投手陣をおもんばかった。工藤監督も「切り替えて次へ向かってやることが大事」と仕切り直しを誓った。 (山田孝人)

=2019/05/09付 西日本スポーツ=