ソフトバンク周東プロ初1番で好機も演出 9戦連続H

西日本スポーツ

3回無死、右翼線への当たりで一塁を蹴る周東 拡大

3回無死、右翼線への当たりで一塁を蹴る周東

 ◆楽天4-3ソフトバンク(9日・楽天生命パーク宮城)

 周東がプロ初の1番でのスタメン起用に応えた。同点とされた直後の3回、古川の初球スライダーを右翼線に運ぶ二塁打。今宮の左前適時打で一時勝ち越しのホームを踏んだ。リードオフマンの役割を託され、9試合連続安打と結果を残したスピードスターは「1本出て得点につながって良かった。緊張はなかった。これからも自分の持ち味を出したい」と力を込めた。

=2019/05/10付 西日本スポーツ=