加治、波形組、準決勝に進出 福岡国際女子テニス

西日本スポーツ

 国際テニス連盟(ITF)公認の女子ワールドツアー「福岡国際女子テニス2019」(九州テニス協会主催、西日本新聞社など共催)は第4日の9日、福岡市の博多の森テニス競技場でダブルスの準々決勝があり、加治遥(島津製作所)波形純理(伊予銀行)組が森崎可南子(橋本総業)米原実令(明治安田生命)組を破った。10日の準決勝で第1シードの英国ペアと戦う。シングルスは2回戦で勝った清水綾乃(Club MASA)と尾崎里紗(江崎グリコ)が準々決勝に進んだ。

=2019/05/10付 西日本スポーツ=

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング