ソフトB新たな天敵 二木に3戦3敗 グラ弾零封阻止がやっと

西日本スポーツ

4回無死一塁、三飛に倒れたデスパイネ 拡大

4回無死一塁、三飛に倒れたデスパイネ

4回の攻撃を前に、ベンチ前で円陣を組むソフトバンクの野手陣 ソフトバンクに対し3戦3勝のロッテ・二木 今季のホークスVS二木

 ◆ソフトバンク1-9ロッテ(10日・ヤフオクドーム)

 福岡で連敗ストップを期したホークスが新たな天敵にひねられた。ロッテ二木に今季3戦3敗。「きょうは打てなかった。いい投球をされた」。4回途中8失点と大炎上した武田とは対照的な投球に7回まで1点に抑えられ、立花打撃コーチも完敗を認めた。

 過去2度の対戦で4打数2安打と相性のいい釜元を2番で6試合ぶりにスタメン起用。苦手の二木攻略へ手を打ったが、打線がなかなかつながらない。初回は1死から釜元が4球連続ファウルと粘り、10球目の直球を中前へはじき返したものの、後続が封じられた。

 4回は二木から今季本塁打を放っている今宮と松田宣の安打で1死一、二塁としたが、グラシアルが遊ゴロ併殺打。7回にはそのグラシアルが変化球をバックスクリーンへの5号ソロとしたものの、反撃はここまでだった。8回以降は2番手東條にひねられた。

 打率リーグトップを走る今宮も、この日は二木と3度対戦して1安打だけ。「点差もあったし、変化球で打たせて取る投球だった。うまくかわされた」と唇をかんだ。立花コーチも「年間通して戦うわけだから、やられたらやり返すしかない」と語気を強めた。

 昨季5位のロッテに1勝6敗。そのうち3敗を二木に喫している。しかも、天敵右腕の今季3勝は全てホークスからだ。森ヘッドコーチは「3度も抑えられているわけだから、スコアラーと分析し直さないといけない。お得意さまになっちゃいけない」と強調した。

 故障者が続く中、右手を剥離骨折していた上林が10日に出場選手登録を外れた。主力の中村晃、柳田らも復帰のめどはまだ立っていない。快調だったゴールデンウイークから一転しての3連敗。このまま泥沼にはまるようでは、パ・リーグの覇権奪回はおぼつかない。 (長浜幸治)

=2019/05/11付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ