ヤフオクD“女子会”でピンクの満員御礼 女性だけで3・1万人

西日本スポーツ

 ソフトバンクは女性ファン向けイベント「タカガールデー」として開催した11日ロッテ戦(ヤフオクドーム)の観衆4万178人のうち、女性来場者は3万950人だったと発表した。

 4万178人はオフに改修されたヤフオクドームの野球開催時最大定員で、3月29日のオリックスとの開幕戦、5月1日の楽天戦に続き3度目。女性来場者3万950人は「タカガールユニホーム」配布枚数による推計で、過去最多だった2017年の3万357人を上回った。女性来場者の割合は77・0%で、17年の78・7%には及ばなかった。

 なお今季は先だって4月22日のオリックス戦(東京ドーム)で、同様のイベントを初めて東京で行っており、このときは観衆4万3063人。うち女性来場者は2万4135人、割合は56・0%だった。

 今季の「タカガールデー」は12日ロッテ戦まで。なお乳がんの早期発見・検診を促す「ピンクリボン運動」の一環として乳がん検診車でのマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)検診も行われた。11日は197人が受診。40歳以上の女性が対象で、事前予約優先。空きがあれば当日も受け付ける。

=2019/05/11 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ