福大12日にもV 藤松リーグ戦初勝利で単独首位 九州六大学野球

西日本スポーツ

5回1/3を投げてリーグ戦初勝利を挙げた福岡大の藤松 拡大

5回1/3を投げてリーグ戦初勝利を挙げた福岡大の藤松

九州六大学野球春季リーグ戦順位表 【注】学年の白ヌキは左打者、左投手、□は両打ち

 ◆九州六大学野球春季リーグ第5週第1日 西南大3-9福岡大(11日・桧原運動公園野球場)

 九州六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第5週第1日は11日、福岡市の桧原運動公園野球場で3試合が行われ、福岡大が西南大を9-3で破り、6勝2敗で単独首位に立った。福岡大の先発藤松亮輔(2年・西日本短大付)がリーグ戦初勝利を挙げた。久留米大は北九大を5-1で破り今季2勝目。九国大は九州大に6-5でサヨナラ勝ちして6勝3敗の2位。北九大は5勝3敗で3位。西南大は4勝4敗で厳しい状況となった。12日に福岡大が西南大に勝ち、北九大と九国大が敗れれば福岡大の2季ぶり57度目のリーグ優勝が決まる。

■5回1/3 2失点

 リーグ戦の先発2度目の右腕がチームを2季ぶりの優勝に近づける大きな仕事をやってのけた。福岡大の藤松が5回1/3を投げ2失点。優勝争いのライバル西南大から勝利をもぎ取る原動力になった。リーグ戦初勝利ともなったが喜びもそこそこに「最後まで投げられればよかった。今日の投球には全然納得していません」と厳しい言葉が口を突いた。

 序盤に直球が走っていないと感じるとすぐに変化球中心の投球に切り替えた。4回に長打を許して1点を失ったが、得点圏に走者を背負っても粘り強くしのぎ、相手を波に乗せなかった。堀壮太監督は「気持ちが前に出るタイプ。走者が出てから粘り強く投げていた」と評価。先発候補の投手が開幕前に故障で戦列を離れるなど、厳しい投手事情だっただけに藤松の出現は明るい材料だ。

 西日本短大付高では最後の夏にエースとして福岡大会4強入りしたが、入学前に右肩を痛め、昨秋までずっとベンチ外だった。昨秋はスタンドから見ていた西南大のエース広沢と投げ合い「スタンドですごいと見ていた投手と投げ合って勝つなんて」と、半年前の自分の姿を思い返した。

 母校は先月の高校野球春季九州大会で優勝した。「自分も頑張らないと」と後輩の頑張りが大きな刺激になっている。「先発、救援のどちらでもいけるよう準備していきます」。リーグ終盤でさらに激しくなる優勝争いを勝ち抜くための力になる。 (前田泰子)

=2019/05/12付 西日本スポーツ=