大分支える点取り屋・藤本 代表への思いは…

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第11節 湘南0‐1大分(12日・BMWスタジアム)

 大分がFW藤本憲明(29)の決勝点で3位をキープした。後半7分、鮮やかな左足シュートで得点ランクのトップに並ぶ今季7ゴール目を決めたストライカーは「あの場面はゾーンに入っていた。相手が落ち着いて見えていたので、うまくかわせた」とうなずいた。

 日本代表の森保一監督が視察した一戦。試合前に聞いたという藤本は“御前弾”でアピールに成功した。ただ、代表については「世代別の代表にも入っていない。あまり意識していない」と冷静に話した。

 2016年から2年連続でJ3得点王に輝き、今季はJ1初出場だった鹿島との開幕戦で2得点。たたき上げの点取り屋は日の丸を背負えるか。チームの快進撃とともに、注目が集まっている。

=2019/05/12 西日本スポーツ=

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ