福岡大9回継投が裏目 痛恨の逆転負け/九州六大学野球

西日本スポーツ

【注】学年の白ヌキは左打者、左投手、□は両打ち 拡大

【注】学年の白ヌキは左打者、左投手、□は両打ち

 ◆九州六大学野球春季リーグ第5週第2日 福岡大5-7西南大(12日・桧原運動公園野球場)

 九州六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第5週第2日は12日、福岡市の桧原運動公園野球場で3試合があり、九国大が九州大に5-2で勝って7勝3敗の首位で全日程を終了した。右肩痛から復調したエース岩田諒大(3年・自由ケ丘)が6回2失点と好投した。前日まで首位の福岡大は西南大に5-7で逆転負けし、6勝3敗の2位に後退。北九大は久留米大に13-1と大勝して6勝3敗の2位で並んだ。18日に九州大-福岡大、北九大-西南大の2試合があり、現時点で2位の両校がともに敗れれば、九国大の優勝が決定。両校がともに勝てば、九国大を含めた3校による優勝決定戦となる。どちらか1校が勝った場合は、勝ったチームと九国大が優勝決定戦を行う。

 福岡大が痛恨の逆転負けを喫した。3点リードの9回、先発の村上が先頭打者に安打を許したところでマウンドに中西勝を送ったが、この継投が裏目に出た。4安打と2四死球で5点。「勝たせてあげられなかった私の責任。村上はよく投げた。気持ちを切り替えて18日に臨むしかありません」と堀監督。18日の九州大戦に勝てば、優勝決定戦に進めるだけに、ナインも沈んではいない。

=2019/05/13付 西日本スポーツ=