初先発ソフトバンク椎野3回途中3被弾KO 1球から暗転

西日本スポーツ

2回1死二、三塁、西武・外崎に左越え3ランを浴びた椎野 拡大

2回1死二、三塁、西武・外崎に左越え3ランを浴びた椎野

 ◆ソフトバンク-西武(14日・北九州)

 ソフトバンクの2年目右腕・椎野が、プロ初先発で西武打線の力を目の当たりにした。

 初回は秋山、栗山をフォークで空振り三振に仕留めてピンチを脱出。1点先制してもらった直後の2回無死、中村を2球で追い込んだ。

 3球目ストレートも外角低めに決まったかに見えたが、判定はボール。ベンチへ帰りかけていた中村に次の4球目を右前打され、森には四球で無死一、二塁とされた。

 犠打で1死二、三塁となって外崎へのスライダーが甘く入り、左翼場外へ逆転3ランを被弾。金子侑へ四球を与え、源田は遊ゴロ併殺打に仕留めたが、一塁上は際どいタイミングで、西武辻監督がリクエストを要求した。

 リプレー検証の結果、判定は変わらなかったが、3回は無死から秋山、山川にカーブを打ち抜かれて連続ソロ被弾。ルーキー泉との交代を命じられた。2回0/3を5安打2四球で5失点と悔しい結果になった。

=2019/05/14 西日本スポーツ=