捕逸?疑惑の判定でソフトバンクの反撃ムードしぼむ

西日本スポーツ

6回無死一、三塁、打者栗山のとき、甲斐(中央)の捕逸で三走秋山(右)の生還を許す。投手は嘉弥真 拡大

6回無死一、三塁、打者栗山のとき、甲斐(中央)の捕逸で三走秋山(右)の生還を許す。投手は嘉弥真

 ◆ソフトバンク-西武(14日・北九州)

 ソフトバンクはスコア8-3から2点を返し、3点差に戻した直後の6回に悔やみきれない失点があった。

 5回から続投した4番手の嘉弥真が秋山、山川に連打され無死一、三塁。ここで栗山への1ボールからの2球目、内角への球が甲斐のミットに収まらずに軌道が変わり、球審の股間を抜けてバックネットまで転がった。

 栗山の止めたバットに当たったようにも見えたが、判定は甲斐の捕逸でプレー続行。念のため白球を追った甲斐は本塁返球しようとしたが、三塁ランナーの秋山は生還。その後も球審に打者のファウルをアピールしたが認められなかった。

 ストライク、ボールなど投球判定はリクエストの対象外。ベンチも動けず、再び4点差とされ無死二塁でプレー再開となった。栗山の一ゴロで1死三塁となると、中村のところで武田が登板。外角にフォークを引っかけて今度は明らかな暴投となり、三塁ランナー山川に10点目のホームを踏まれた。

=2019/05/14 西日本スポーツ=