荒れる北九州 大敗ソフトバンク打たれた17安打11失点

西日本スポーツ

7回、無死満塁から得点ならず。ベンチで厳しい表情の工藤監督(右から2人目) 拡大

7回、無死満塁から得点ならず。ベンチで厳しい表情の工藤監督(右から2人目)

 ◆ソフトバンク7-11西武(14日・北九州)

 ソフトバンクが今季ワースト更新の被安打17、同ワーストタイの4被弾、11失点で大敗した。

 プロ初1番に入った釜元の足を絡め、初回に1点を先制したが、直後の2回にプロ初先発の椎野が外崎に左翼場外へ3ラン被弾。2年目右腕は3回無死から秋山、山川に2者連続アーチを浴び、悔しい降板となった。

 2点ビハインドの5回に登板した加治屋は中村の3ランを含む5者連続安打を許した。2点を返した直後の6回、回をまたいだ嘉弥真が2点を失った。7回で先発全員安打も許した。

 5点ビハインドの7回、西武2番手・平井の2四球もあって無死満塁のチャンスを迎えたが、グラシアルが空振り三振、内川が二飛に倒れるなど、この回無得点。8回も無死二塁から無得点で、9回に連続四球などから2点を返すのがやっとだった。

 北九州での試合は乱打戦が目立ち、昨季も西武に15安打を浴びて5-12で大敗。一昨年も北九州での2試合のうち1試合が西武戦で、このときは両軍14安打ずつを打ち合って10-6で勝っていた。

 ソフトバンクは2連敗。2位日本ハムに1・5ゲーム差とされた。

=2019/05/14 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ