ソフトバンク・サファテ17日にも本格ブルペン 5月中実戦復帰にも自信

西日本スポーツ

筑後第二球場でキャッチボールするサファテ(左) 拡大

筑後第二球場でキャッチボールするサファテ(左)

 昨春に右股関節の手術を受け、状態が上がらずに筑後で調整を続けるサファテが、17日にもブルペンで座った捕手に対して投球する見通しとなった。約2週間前から連日ブルペンに入り、立った捕手に10球前後を投げている。右腕は「感覚はいい。2週間後にはゲームで投げられると思う」と5月中の実戦復帰にも自信を示した。

=2019/05/15付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ