ソフトバンク3連敗…森が逆転被弾、大竹白星消え呆然

西日本スポーツ

9回1死一塁、西武・外崎(右)に逆転2ランを浴びた森 拡大

9回1死一塁、西武・外崎(右)に逆転2ランを浴びた森

 ◆ソフトバンク4-5西武(15日・ヤフオクドーム)

 1点リードを守りたかったソフトバンクながら、最後も一発の威力に沈んだ。

 試合序盤から点の取り合い。2回に山川のソロで先制されたが、4回にデスパイネのソロで追いついた。5回に1点を勝ち越されても、直後に今宮の適時二塁打で追いつき、デスパイネの2打席連発となる2ランで勝ち越した。

 先発大竹が6回、再び山川にソロを許し1点差。7回は開幕から無失点の松田遼、8回はモイネロがそれぞれ無安打でしのいだが、9回の森が誤算だった。

 先頭の森に中前打を許し、木村がスリーバント失敗で1死一塁。ここで9番外崎にカーブを捉えられ、左中間ホームランテラスへ逆転2ランを許した。

 2勝目が消えた大竹はベンチでぼうぜん。直後、1点を追う攻撃は無得点に終わった。今季初被弾の森は8日楽天戦に続く3敗目。チームは3連敗で3カード連続の負け越しが決まった。

=2019/05/15 西日本スポーツ=