ソフトバンク釜元、2戦連続1番でまたマルチ

西日本スポーツ

3回1死、右翼線に二塁打を放つ釜元 拡大

3回1死、右翼線に二塁打を放つ釜元

 ◆ソフトバンク4-5西武(15日・ヤフオクドーム)

 2試合連続で1番起用された釜元がマルチ安打で起用に応えた。3回に右翼線への二塁打を放つと、逆転された直後の9回も遊撃への内野安打。今季初めてトップバッターを任された14日に続く2日連続の2安打となったが、本人が手応えを感じたのは5回1死で選んだ四球。「粘ってしっかり(8球目のボールを)選べたことがよかった」と、この回の3点につながった出塁を喜んだ。

=2019/05/16付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ