ソフトバンク今宮“後輩思い” また大竹を援護

西日本スポーツ

5回2死二塁、左中間に適時二塁打を放つ今宮 拡大

5回2死二塁、左中間に適時二塁打を放つ今宮

 ◆ソフトバンク4-5西武(15日・ヤフオクドーム)

 今宮がこの試合でも大竹を援護する一打を放った。1点を追う5回2死二塁、本田の外角高め直球を振り抜いた打球は左中間を抜ける同点適時二塁打となった。大竹が先発した7試合で打線が援護した10得点のうち、1人で5打点を挙げている“後輩思い”の27歳は「たまたまですよ」と謙遜しつつ、「チャンスで打てたことはよかった」とうなずいた。

=2019/05/16付 西日本スポーツ=