守護神任せられるのは森だけ 一球一球をもっと丁寧に/柴原洋氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏 拡大

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏

 ◆ソフトバンク4-5西武(15日・ヤフオクドーム)

 極めて痛い逆転負けだ。8回にモイネロが4、5、6番を力でねじ伏せて完璧に抑え、勝利への流れはできていた。西武ベンチも「終わった」と感じたのではないか。そこからの逆転負け。一球の怖さ、大切さを思い知らされた。

 9回の森は高めのカットボールを有効に使っていた。外崎の逆転2ランの場面では、カットボールを待つ打者のタイミングをずらそうとカーブを初球に選んだのだろう。ただ甘く入った。カーブなら、外角へストライクからボールになる球をきっちり投げなければいけなかった。

 仕留めた外崎もすごいが、森は悔いを残したのではないか。試合終盤に登場するリリーバーの一球は、先発以上に勝負を大きく左右する。一発がある打者相手に制球ミスは許されない。細心の注意を払って、もっと丁寧にいくべきだった。

 今季の森は昨季に比べてコントロールが安定せず、いい時と悪い時との差が激しい。毎年フル回転するリリーバー。疲れはあるかもしれない。だが実績を考えても、現状で守護神を任せられるのは森しかいない。それだけに、一球一球への意識をより高めてほしい。 (西日本スポーツ評論家)

=2019/05/16付 西日本スポーツ=