ソフトバンク大竹崩れ6回3失点 侍J稲葉監督も絶賛 招集の可能性にも言及

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-5西武(15日・ヤフオクドーム)

 白星はならなかったが、先発の役割は十分果たした。大竹は6回3失点、勝ち投手の権利を持ってマウンドを譲った。6回降板は自身の今季最短、3失点は今季ワースト。それだけ開幕から安定した投球を披露してきた証拠だ。「無駄なボールがあり、球数が多くなった。それでも何とか自分の投球はできたかな」。9回に逆転されて2勝目はならなかったが、納得の表情は浮かべた。

 乗せたくない4番山川に2発を浴びた。2回は2球で追い込みながらも3球目の外寄りの変化球を捉えられた。6回にも2ストライクから一発を許した。「2本とも投手有利なカウントだったので悔いが残る」としたが、いずれもソロ本塁打だったことで大量失点にはつながらなかった。「山川さんの前に走者を出さなかったという点は、自分でも評価できるところ」と自身に及第点を与えた。

 今季初の中5日の中でも試合をつくる投球は、侍の将にも強い印象を与えた。15日は侍ジャパンの稲葉監督や建山投手コーチらが視察。「球の出どころが見づらい。初見ではなかなか、打ちづらい投手ではあるんだろう。いいものを見せてもらった」と絶賛し、タイミングをずらす投球術なども高く評価した。

 稲葉監督は「候補選手に入ってくるような投手ではある」と招集の可能性にも言及。ここまで援護に恵まれない展開も多く、1勝ながら、7試合で防御率は1・43。全試合でクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)をマークする左腕に「またいい選手が出てきた。本当に楽しみ」と賛辞を惜しまなかった。

 試合後にこれを伝え聞いた大竹も「今は実力はないが、同期(高橋礼)も出ているし野球をやっている以上はと思う。しっかりシーズンに集中して成長し、結果としてそうした選手になれるよう努力したい」と誓う。夢を胸に秘めつつ、チームのために全力で腕を振り続ける。 (山田孝人)

=2019/05/16付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ