ソフトバンク連敗脱出 9回4点差でも森、悪夢を払拭

西日本スポーツ

ソフトバンク・森 拡大

ソフトバンク・森

 ◆ソフトバンク5-1西武(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが接戦を制し、連敗を「3」でストップした。

 先発の高橋礼と西武榎田の投げ合いで、序盤は互いにゼロ行進。4回にグラシアルの右翼ホームランテラスへのソロで先制したが、直後の5回に中村の左翼席へのソロで追いつかれた。

 1-1で迎えた7回、甲斐の右中間ホームランテラスへのソロで勝ち越しに成功。高橋礼は自己最長の8回を110球、5安打1失点で投げきった。

 8回に四死球もあって2死満塁とし、グラシアルの右前打で2点追加。なおも一、三塁で内川の右前打で1点を加え、榎田を降板に追い込んだ。

 4点リードでセーブがつかない状況ながら、9回はクローザーの森を投入。前日15日は1点差の9回に登板し、外崎に逆転2ランを浴びて3敗目を喫していたが、この日は秋山、山川、中村のクリーンアップを三者凡退に抑えた。

 高橋礼は右肩疲労から復帰して2試合目で白星を手にし、開幕からの自身の連勝を「5」に伸ばした。

=2019/05/16 西日本スポーツ=