ソフトバンク・バンデンハーク手応え65球 5回途中2失点

西日本スポーツ

ウエスタン・阪神戦で5回途中2失点と力投したバンデンハーク 拡大

ウエスタン・阪神戦で5回途中2失点と力投したバンデンハーク

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク3-2阪神(16日・タマスタ筑後)

 腰の張りで出遅れているバンデンハークが16日、ウエスタン・阪神戦(タマスタ筑後)に先発し、5回途中2失点だった。今季初の実戦登板となった11日の3軍戦から中4日のマウンド。被安打4、2四球で2点を失ったものの、最速149キロの真っすぐとカーブを有効に使い7三振を奪った。4回2死で投球数が65球に達し、降板。「前回(45球)より球数を増やすことができてよかったし、体も問題ない。来週の登板でもっと球数を増やしていく」と手応えを口にした。

=2019/05/17付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ