ソフトバンク・グラシアル不安一掃の大暴れ 先制弾にダメ押し2点打

西日本スポーツ

4回2死、先制ソロを放ちナインに迎えられるグラシアル 拡大

4回2死、先制ソロを放ちナインに迎えられるグラシアル

先制ソロを放つグラシアル 8回2死満塁、右前に2点適時打を放ったグラシアル

 ◆ソフトバンク5-1西武(16日・ヤフオクドーム)

 周囲の不安を一掃する大暴れだった。前日15日に下半身の張りのため途中交代したグラシアルが先発に名を連ねると、先制弾にダメ押しの2点打。敗れていればチーム今季ワーストの4連敗だった危機を救い、連敗を「3」で止める打の原動力となった。

 0-0で迎えた4回。榎田の外角直球を捉え、ライナー性の打球で右翼テラス席へ運ぶ先制の6号ソロ。5試合ぶりの一発に「ミスショットせずに仕留められた」とうなずいた。1点リードの8回には勝利を決定付ける一打を放った。2死満塁から高めの真っすぐを右前へとしぶとく落とす2点適時打でリードを3点に広げてみせた。

 「最近は8、9回が僕らの中で難しい回になっていた。そこで点が取れて投手を楽にさせられたと思う」。チームは7勝2敗と絶好調だったゴールデンウイーク以降、試合前まで1勝6敗と失速。先制しながらも、逆転負けを喫した試合が4試合を数えていただけに、満足そうな表情で振り返った。

 今季開幕直後に左脇腹痛で戦列を離れて、打線は苦しいやりくりを迫られた。再びの離脱は自らはもちろん、チームにとっても絶対に避けなければいけない事態と自覚。もともとトレーニング量の多い真面目助っ人ながら、現在は練習量を調整することで体のケアに務めるなど、細心の注意を払っている。この日は8回の適時打後に交代したが「選手として9回までプレーできる準備も常にしているよ」と頼もしい。

 左脇腹痛から復帰した3日の楽天戦からの12試合で、打率3割9分5厘、5本塁打、11打点と打ちまくる。下半身の張りについて、工藤監督は出場に問題ないことを強調。「(8回の好機で)しっかり打ってくれたことは大きかった」とたたえた。指揮官からも絶大な信頼を寄せられる男が、3カード連続負け越しと波に乗れないチームを再び上昇気流に乗せる。 (長浜幸治)

=2019/05/17付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ