ソフトバンク高橋礼、負の連鎖止めた 無傷5勝リーグトップタイ

西日本スポーツ

森(右)からウイニングボールを受け取る高橋礼 拡大

森(右)からウイニングボールを受け取る高橋礼

8回1失点で5勝目を挙げた高橋礼 お立ち台で笑顔の高橋礼(左)と甲斐 高橋礼の今季登板成績

 ◆ソフトバンク5-1西武(16日・ヤフオクドーム)

 サブマリンがタカを救った! 高橋礼投手(23)が自己最長の8回を投げ、開幕から無傷の5連勝を飾った。成長著しい2年目の右腕は、猛威をふるった獅子脅し打線にわずか1点しか許さなかった。今季西武には3戦3勝。新たなレオキラーの誕生だ。逆転負けが続いたホークスは、連敗を3でストップ。チームにとって今季最短2時間24分の省エネ試合を弾みに、首位固めだ。

■救援陣に“休養日”

 未知の8回にも、高橋礼はマウンドに立った。バッテリーを組む甲斐が直前に放った勝ち越し弾を「感無量」と跳びはねて喜んだサブマリンは、自己最長のイニングに入っても、変わらずにテンポよく腕を振った。投球間隔は短くても、左脚を上げるタイミングを変えるなどの工夫を怠らず、被安打5、無四球の快投。失点は5回に浴びた中村のソロにとどめ、昨年入団の大卒同期の椎野、大竹に続く今カードのトリで、開幕から無傷でリーグトップタイ、チーム単独トップの5勝目を手にした。

 西武相手には今季3戦3勝、防御率1・89とキラーぶりを発揮。「研究されて攻略されるんじゃないか、という恐怖心はあるけど、自分の力以上のものは出せないし、その日の100パーセントを出し切ろうと」

 前日までの3試合で5本塁打を量産した4番山川にもひるまない。4回2死二塁では、1ボールから内角へ直球を続け、4球目で一飛に仕留めた。「甘くなるのだけは駄目。ストライクから外れても、インハイ(内角高め)に突っ込もうと」。3打席目に単打を許したが、獅子脅しの主砲封じに成功。早いカウントから積極的に振る相手に「初球から勝負球のつもりで」と細心の注意を払いながら、変化球でも直球と同様に腕を振り切った。

 前回西武に勝った4月21日の翌日に右肩の疲労で出場選手登録を抹消された。調整に充てた約2週間、肩の負担を軽減させるために、下半身をより使うフォームを追い求めた。速球派を自任する右腕は、アンダースローの名投手たちの動画も研究。中でも強い真っすぐを投げる選手の共通点を二つ見つけた。「頭が寝ない(首を曲げない)ことと、手首が立っていること。これも正解かは分からない。自分のフォームにも、まだ納得いかない」。探求に足を止めることはない。

 今季チーム最短の2時間24分での白星。「テンポよく投げることができたので、試合時間も短く、帰ってゆっくりできるんじゃないかなと思います」。今季ワーストの4連敗を喫する危機を救った右腕は、お立ち台で自身の時短投球を笑いに変えた。森の救援を仰いだものの、他のリリーフ陣に“休養日”を与えた。負の連鎖を断ち切り、チームを救う大きな勝利だった。 (鎌田真一郎)

=2019/05/17付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ