ソフトB東浜21日故郷沖縄で復帰登板へ

西日本スポーツ

練習の合間、笑顔を見せる東浜 拡大

練習の合間、笑顔を見せる東浜

 1軍に同行しながら調整を続ける東浜巨投手(28)が、故郷の沖縄で行われる21日の西武戦(那覇)で先発する見通しになった。復帰戦がプロ7年目で初の“凱旋(がいせん)登板”になる。17日には筑後のファーム施設で行われた投手練習に参加し、約50球のブルペン投球を行った。見守った工藤監督は「ボール自体は悪くない」と復調への気配を感じ取っていた。東浜は今季6試合に先発し2勝1敗、防御率6・16で、7日に出場選手登録を抹消されていた。

=2019/05/18付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ