1時間の中断明けに明暗 ソフトバンク雨中の逆転勝利

西日本スポーツ

日本ハムに勝利し、喜ぶ森らソフトバンクナイン 拡大

日本ハムに勝利し、喜ぶ森らソフトバンクナイン

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(18日・リブワーク藤崎台)

 ソフトバンクが相手の隙を逃さず、逆転勝利を収めた。

 序盤は千賀と日本ハム上沢の両先発が我慢比べ。4回に近藤の二塁打から王柏融に先制中前打を許し、1点を先行された。

 直後の2死満塁で無得点に終わると、強まった雨とグラウンド整備のため、試合は1時間中断。再開後の5回を千賀が3者三振と圧倒した。

 すると直後の攻撃で、1死二塁から今宮の左前打に左翼手・近藤の悪送球が絡んで同点。ファウルゾーンへそれた本塁返球に走った捕手・清水が、バランスを崩したか、ボールを大きくはじいた。さらに捕逸で1死三塁となり、デスパイネの右犠飛で勝ち越した。

 千賀は7回1失点。8回のモイネロ、9回の森が安打を許さず逃げ切った。千賀はリーグトップに並ぶ5勝目。チームは6日以来の連勝で、2位日本ハムとのゲーム差を2・5に広げた。

=2019/05/18 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ