NESMITHが地元で興奮始球式

西日本スポーツ

始球式で投げるNESMITH 拡大

始球式で投げるNESMITH

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(18日・熊本)

 熊本県出身のEXILEのNESMITHが、初めて始球式を務めた。「WE=KYUSHUデー」で着用する赤いユニホームをまとい、内角にノーバウンドで投球。ボールは微妙に変化し、2年連続ゴールデングラブ賞を誇る甲斐もはじいた。同グループでは、昨年に関口メンディーが133キロ、今月12日には黒木啓司が107キロをマークしており「野球は未経験だけど、期待値が高くなっていて…。ワンバウンドしなくてよかった」とホッとした様子。「小さいころに野球を見た球場のマウンドから、すてきな景色を見させてもらえた」と興奮していた。また、国歌独唱も同県出身の歌手Leolaが務め「地元開催の大役を任され、いい経験になった」と充実感をにじませた。

=2019/05/19付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ