ソフトB千賀、雨にも負けず火の国で火の玉5勝目

西日本スポーツ

試合後、帽子を取ってファンの声援に応える千賀 拡大

試合後、帽子を取ってファンの声援に応える千賀

4回終了後、雨のため試合が中断、ベンチで再開を待つ千賀(右から2人目) 一時中断から再開した5回を、3者三振に仕留めた千賀 千賀の今季登板成績 ホークス福岡移転後の熊本での成績

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(18日・熊本)

 火の国で火の玉を投げ込んだ。強い雨も、1時間に及ぶ中断も吹き飛ばした千賀滉大投手(26)の圧巻ピッチング。日本ハム打線を4安打に抑え、7回を9奪三振1失点でハーラートップに並ぶ無傷の5勝目を手にした。防御率、奪三振数、勝率でもトップに立つタカの頼もしいエース。「WE=KYUSHUデー」での開催となった熊本で3連勝を飾った。

■7回4安打1失点

 分岐点を見誤らなかった。1時間の中断から試合再開となった5回。千賀はその仕切り直しに全力投球で臨んだ。先頭中島に5球すべて直球を投げ込み、外角152キロで空を切らせた。2四球を与えていた西川には一転、フォークを4連投し空振り三振。大田はボール球を使わず、最後は外角低めにこの日最速155キロを突き刺し、狙い通りの3者連続の空振り三振。試合の空気を一変させた。

 「あそこは流れが変わるところだと分かっていたから、ピシャッといい形でいきたかった。全部、三振じゃないといけないぐらいの気持ち。グラウンド状態も良くないし、(ボールを)前に飛ばされないようにと思っていた」

 アウトを取る手段として、三振が最適だと冷静に判断。勝負どころで真骨頂を発揮した右腕の投球に、倉野投手コーチは「本当にびっくりした。心身ともにタフじゃないと無理」と手放しでたたえた。

 雨天のため試合前、両チームは藤崎台球場からバス移動を要する熊本市内の施設で練習を行った。その影響で、日本ハム選手の到着が遅れ試合開始が13分遅延。なおかつ雨が降りしきる悪条件の中で、千賀は4回1死二塁から王柏融に先制の適時打を許していた。

 中断したのは4回裏のホークスの攻撃終了後。試合再開のタイミングが不透明な中で、ベンチで落ち着いていた。首脳陣とも話し合い「気持ちを切らさないように」と自らにも言い聞かせた。新たに砂が入れられ雨脚が弱まってから、ブルペン投球で必要最低限の球数で肩を温め、再びマウンドに上がった。

 6回には一塁ベースカバーをした際に、ぬかるんだ土に足を取られ、右脚を押さえる場面もあったが、7回を投げ9奪三振で、被安打4の1失点。今季初勝利から5連勝でハーラートップタイとなり、防御率(1・26)、奪三振(80個)、勝率10割で投手“4冠”に躍り出た。

 ようやく、笑顔を見せたのはお立ち台でのこと。13年5月12日の西武戦でプロ初勝利を挙げた時の記憶がよみがえった。「ここからの景色を見て、足が震えていたことを思い出しました」。今やエースと認められる存在になった右腕の姿に、工藤監督も「120球だったけど、150球ぐらいの体力を消耗したと思う。みんなを奮い立たせ、勇気を持たせる投球だった」と感服した。

 昨年は試合開始直前に大雨に見舞われ中止になった熊本で、2年ぶりに勝利。白熱した首位攻防戦を終えた後、空には晴れ間がのぞいていた。 (鎌田真一郎)

=2019/05/19付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ