ソフトバンク内川途中交代 左膝に違和感、守備で脚滑らせる

西日本スポーツ

4回1死一、二塁、西川の打球を処理する内川 拡大

4回1死一、二塁、西川の打球を処理する内川

 ◆ソフトバンク4-2日本ハム(19日・鹿児島)

 内川が左膝の違和感を訴え、5回の守備から交代した。4回表1死一、二塁、西川の一ゴロを捕って二塁に送球しようとした際、踏み出した左脚を滑らせ「(膝の関節が)ひっかかった」という(記録は内野安打)。直後の攻撃では投ゴロに倒れ、ホークス移籍後相性が良かった鹿児島で7試合目にして初めて無安打に終わった。工藤監督は「大事を取って代えた」と説明。21日の西武戦の出場は状態を見て判断する。

PR

PR

注目のテーマ