西武・森、超特大満弾でケリ「食らいついていこうと」

西日本スポーツ

7回1死満塁、西武・森が右越えに満塁弾を放つ 拡大

7回1死満塁、西武・森が右越えに満塁弾を放つ

 ◆オリックス3-9西武(19日・京セラドーム大阪)

 森の一振りが松本航の初勝利を決定づけた。1点リードの7回1死二、三塁、前を打つ4番山川が2ボールとなったところで申告敬遠された。森は「敬遠されると思っていたんで、プライドというよりは、追加点が欲しいので、食らいついていこうと思った」と、直後にオリックス小林が投じた初球のフォークをジャストミート。京セラドーム大阪の右翼5階席フェンスを直撃する超特大の6号グランドスラムとなった。今季初、通算5本目の満塁弾を「素直にうれしいです」と喜んだ。

PR

PR

注目のテーマ