西武・山川、東浜との沖縄対決に「負けたくない」

西日本スポーツ

地元沖縄で本塁打を狙う西武・山川 拡大

地元沖縄で本塁打を狙う西武・山川

パ・リーグの沖縄での本塁打 セ・リーグの沖縄での本塁打

 西武の山川穂高内野手(27)が20日、沖縄県出身選手では史上初となる「凱旋(がいせん)アーチ」を宣言した。21日から故郷の那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で首位ソフトバンクと2連戦。「沖縄の皆さんの前でホームランを見せられるように頑張ります」と鼻息を荒くした。

 沖縄では1960、70年代に那覇市の奥武山球場でプロ野球の1軍公式戦を開催。球場改修後の2010年から現在の名称となり1軍公式戦が行われているが、沖縄県出身選手の本塁打はまだ生まれていない。

 両リーグトップの19本塁打を放ち、15日には第1子が誕生するなど公私でノリノリの大砲にとって、今回は沖縄の球史に名前を刻む絶好機。ロッテ戦があった17年は2軍で地元凱旋はならなかったが、昨季は47本塁打で初の本塁打王に輝き、リーグMVPにも選出されるなど存在感は絶大だ。

 21日のソフトバンクの先発は同じ沖縄出身の東浜。「(東浜)巨さんだけには負けたくない。絶対にホームランを打ちます」。20日の全体練習は主力組として免除され、地元で英気を養った。那覇の夜空にどでかいアーチを描き、故郷に錦を飾る。 (小畑大悟)

PR

PR

注目のテーマ